マザーグースの秘密の館
マザーグースの秘密の館
バックラッシュ 恋のエキゾーストヒート
遙かなる時空の中で 八葉抄
遙かなる時空の中で3
遙かなる時空の中で3 十六夜記
遙かなる時空の中で3 運命の迷宮
遙かなる時空の中で3 with 十六夜記 愛蔵版
アニバーサリーの国のアリス
クローバーの国のアリス
ジョーカーの国のアリス

Selected Entries

Categories

About

無料ブログ作成サービス JUGEM

決戦前夜

遂に遂に大団円エンディングです!
どういった展開になるのか、プレイ前から非常にドキドキワクワクしております。

それでは行ってみましょー!
兎にも角にも五章へジャンプ。

おおっと!冒頭の後白河院の独り言(笑)が終わったら、早速新たな展開が!

まずは福原に行く前。
まっすぐ福原に向かわないで、和議を結ぶためにはどうすればいいか、望美が悩み中。

で、選択肢。
「行こう、みんなと一緒に福原に―――」だと多分、通常の五章に行っちゃうんだよね?
ってなコトで「だめだ、和議を成功させるためには…」を選択。

うん、これで良かったみたいです。新たな展開に進み始めました。


有馬の陣で、政子と対峙する望美。
政子の口ぶりからすると、望美は1人で有馬の陣に来たようです。


えっ、ちょ、あのっ、まさか、ここで茶吉尼天とバトルですか!?
(望美1人ですけど!いくらなんでもそれはっ!)

ああっ、先生がいてくれましたーvvv(譲はスルーですか)
あ、白龍もいますね。

そうだよね。白龍が望美と別行動するわけないもんね。

あ、バトルにはなりませんでした(´д`)〜3


和議が結ばれるかも……というところで、五章が終了。
あっ、終章が発生しました!(そりゃそうだ)

それでは、終章へ!


和議が結ばれる前夜。
ここで、今気になるのは誰かという、選択肢。

まずは平家か源氏かということですが、気になるのは当然先生なので、まずは「源氏…だけじゃなくて、一緒に戦った人のこと」を選択。
続いて……と。あ、これ、八葉が一纏めになってますね。後は白龍・朔と、頼朝・政子。

それじゃあ「今まで支えてくれた八葉のみんなだよ」を選択。

八葉のみんなにお礼を言おうと思い立ち、探してみるものの、みんな外出中。
先生と譲という、不思議な組み合わせが残っていました。
誰かに会いに行ったりする必要がない2人組。

とりあえず、2人にお礼。

先生の優しい言葉がとても嬉しいです(*´д`*)


………えーとですね、他の選択肢を選ぶとどうなるのか、非常に気になるところなので。

ロード。

(実際は、1回クリアしてからこの選択肢のところをロードしたのですが)


まずは右から順番に「平家にいるあの人のこと」を選択。
そしたら……あれ?一番右に「どの運命でも戦った知盛」。

これを選択してみたら「気になるなぁ、会いに行っちゃえ」って、オイ!
平家が借りてる(?)屋敷に忍び込んじゃいましたよ!

おおおおおーい。

これ、条件を満たしていれば、知盛エンディングに行けるのかな。


重衡キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

銀じゃなくて重衡です!
「兄上」呼びに非常に萌え!!

重衡タラシぶり全開ですよ!
優しい声音と柔らかい言葉ですが、言ってることは口説き文句です。

ああー、しまった!二章で銀のイベントやってないから、望美と銀が初対面だ!
これ、二章のイベントやってたら、また違う会話が聞けるんだろうなぁ……。
くそう、失敗したぜぃ!

なんて素敵兄弟なんだよー!!(*´д`*)ハァハァ


続いて「敦盛さんのお兄さん、経正さんだ」。
これは、敦盛が経正に会いに行っている仁和寺に向かう。

お、敦盛も一緒にいますね。
「今まで支えてくれた八葉のみんなだよ」を選んだ時に会えなかった、八葉のメンバーが何をしているのかも見れるみたいです。

「一度も和解できなかった惟盛のこと…」は、将臣と惟盛。
これは望美が会いに行くわけじゃなくて、2人が会話をしているシーンを見てるだけですね。

「和解できなかった」っていうのは、望美と惟盛じゃなくて、将臣と惟盛なのかな。

「そんなに若い人じゃなくて…」を選んで次の選択肢群を出現させると、今度は清盛達。

「清盛…最後まで大人しくしているかな?」と「二位ノ尼と安徳帝。やっと京に帰れたんだもの」は、内容は一緒。
清盛は、弁慶に2人のことを頼んでいたみたいです。

このイベントを見てると、清盛って二位ノ尼と安徳帝のことを本当に大切に思ってるんだなぁって感じます。
なんか涙が出て来ちゃったよ(ノд-。)クスン

「忠度さんも戦が終わること、喜んでくれているよね」は、忠度とヒノエの会話。
そうだよね、親戚だもんね。


平家側が終わったら、今度は源氏ー。
「一緒に頑張ってきた朔と白龍だよ」を選ぶと、翌日の気を占っていた朔と白龍に会う。
多分、言われた内容は「現代で茶吉尼天と戦う」ということを示しているのだと思います。

「頼朝さんと政子さん、和議を結んでくれるかな」で、頼朝と政子の会話でが……、頼朝が政子と出会った時のことを思い出していて。
別に二人のラブロマンス的なことはどーでもいいのん(笑)


これでお終いですね。
楽しかったです、決戦前夜。

知盛と重衡は一見の価値有りですねー♪
良いモン見た(*´д`*)



長くなってしまったので、本日はこれで終了ー。
次回はエンディングまで行きます(そんなに長くないし)

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.