マザーグースの秘密の館
マザーグースの秘密の館
バックラッシュ 恋のエキゾーストヒート
遙かなる時空の中で 八葉抄
遙かなる時空の中で3
遙かなる時空の中で3 十六夜記
遙かなる時空の中で3 運命の迷宮
遙かなる時空の中で3 with 十六夜記 愛蔵版
アニバーサリーの国のアリス
クローバーの国のアリス
ジョーカーの国のアリス

Selected Entries

Categories

About

無料ブログ作成サービス JUGEM

龍神と神子

今度こそ。
目指せ、白龍エンディング〜!


眠くてぼんやりしながらプレイしてたので、あんまりメモが残っていないのですが……記憶を頼りに頑張って書いてみます。
四神を倒した後、一歩動いたら、またイベントが発生。
メモが残ってないのでよく覚えてないんですが(おまけに眠かったし)、確か、白龍が高まった五行を制御しきれなくて、その影響が望美に、といった感じの内容だったと思います。

そして梶原邸に戻ってきました。
では、梶原邸内のイベントでも…と思ったら、イベント、全部消失

え。

ええええーと……?どういうことでしょうかね、これは。
既に白龍の固有ルートに入っちゃったから、とかですか?

弁慶とヒノエは、3つ目の蜜月イベントなので仕方ないとして。
先生のイベントがぁぁぁぁぁ_| ̄|○

ううう。それじゃあ、大人しく呪詛の解除にでも……と思ったら、一歩動いた途端、イベント発生。

怨霊と戦闘→倒れる→梶原邸に逆戻り。

翌日、また同じルートを辿る。
何回やるんだ、これ……とか思ってたら、夜になって頼朝からのお呼び出しが。

「気は進まないけど、行くしかないよね…」を選択して、大倉御所へ。
(「そうですね、行きましょう」みたいな元気の良い選択肢もあったんですが、あえてこっちを選択)


頼朝の穏やかな切り出しに、驚く望美。
難癖つけられるんじゃないかと思ってたのかな……(私はそう思ったんだけどね)

ほっとしたのも束の間、話があらぬ方向へ……。

どうやら「白龍の神子」であることを、政子に譲れと、そういうことらしいですよ。

っていうか、頼朝的には「逆鱗よこせ」なんでしょう。


こんな展開になるとは思っていなかったので、驚きました。
しかも、何も返事してないのに、数日後には「神子選定の儀」なんちゅーもんを行いやがりましたよ。


でも、結局白龍は望美を選ぶ。

人を集めて仰々しくしておきながら、何ともまぁマヌケですね


で、ここでようやく絆の関を越える。

白龍の神子のままでいることにほっとして……いつの間にやら、恋心が?芽生えてるんですか?

景時がやってきて、何やら話を切り出しにくそうにしてるので、また頼朝に無茶な命令でもされたのかなぁ……と思っていたら、心配してきてくれたみたいです。


……こう考えてみると、景時って結構苦労性というか、板挟みというか……中間管理職的ポジションにいるんじゃないかという気がしてきました。

無理な命令されて逆らえなくて、でも、命令の内容が八葉(ていうか、九郎さんかな)とか神子に危害が及びそうなものだったりして。
1人で悩んだり苦しんだりしてるんだと思います。

弁慶の場合は、肩書きは「軍師」でしたっけ。
でも、頼朝の部下と言うよりも、九郎さんの部下っていう感じなんじゃないのかな、と。
だから、景時とはまた違ったポジションなんじゃないかと解釈してます。


えーと、話を元に戻して。
景時との会話の後、白龍との会話。ここで、六章の2つ目の絆の関を越える。

一連のイベントが終わって梶原邸に入ってみたら、先生のイベント発生ー!!やった!


先生のイベントをクリアしたら、あとはさくさくと呪詛を解除して惟盛を倒して、六章終了。
七章。あ、まだ固有ルートではないんですね。

これもささっと進めて、牟礼浜まで来ました。
ここで、通常ルートとは違う展開が。

怨霊に怯えた武士達が、助けを求めて望美に群がってくる。


オイオイオイ。


いくらなんでも、これはどうなんだろうよ……。
仮にも武士だろう……。情けなさ過ぎるだろう………。

そこで、白龍が「願いを言葉にして」と。
なので「お願い、怨霊と戦わせて!!」を選択。
「怨霊を消して」でもよかったんだろうけど……何となくこっちに。

これで最後の絆の関を突破。
残るは終章。

知盛と清盛を倒して、黒龍の逆鱗が壊れて黒龍が姿を現したり、白龍が龍の姿になったり、せっかく別れる決心をしたのに「それは本当の願いじゃない」と言われたり、本当の願いを聞かれたりしてエンディングへ(はしょりすぎ)

四章の潮岬のイベントで「うん、前のほうがよかったかも……」を選んでいたので、成長前の白龍とエンディング。

エンディングスチル可愛いー!!

なんじゃ、あの可愛さわ!!

……でも、ちっこい白龍とじゃ恋愛云々っていうのはどうなるんだろうな……なんて思ってました。

あ、そうだ。
私、途中で成長前の姿に戻るのかなーとか思ってたんですよ。
違うんですね。エンディングだけなんですね。

もうちょっと、ちっこい白龍とのスチルが欲しかったなーなんて言ってみたり。


本日はこんなところで終了です。

置鮎さんの爽やか声、すっかり慣れました。
こうなると、成長後の白龍のエンディングも見たくなりますね〜。
四章→終章でエンディングを見られるかなー?
遙かなる時空の中で3 | 2005.12.13 Tuesday 10:14

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.